ひとり暮らしの宅配弁当

一人暮らし・単身赴任の料理は宅配食が便利!!

投稿日:

ひとり暮らしの食事

私たちは人生の中で、何度か生活環境の変化を迎えます。そんな変化の中で、家族と離れ一人暮らしをすることもあることでしょう。

一人暮らしは気楽な面もありますが、離れて暮らす家族にとっては心配も付きまといます。

そのひとつが「栄養バランスの良い食事を食べているか」という不安です。

特に一人になってしまうと、料理が苦手な方や忙しい毎日を送っている方だけでなく、多くの方が「ひとりだから、簡単にすましてしまおう」と考えることが多いのではないでしょうか。

よほど料理や健康にこだわりのある方でもない限り、栄養バランスの取れたバラエティー豊かな食生活を送るのは困難です。

環境の変化は人生においてステップアップでもあり、避けられないことです。
ではそんな環境の変化で、食生活で気をつけたいことは何でしょうか?

おひとり様と言えば聞こえがいいですが!?

生活環境の変化により考えられる食生活で気をつけたい点を、さまざまなケースを例にあげて紹介します。

親元を離れたひとり暮らしの大学生

大学進学を機に親元を離れ、遠く離れた土地でひとり暮らしを始める大学生にとっては、慣れない自炊生活や環境への対応など、楽しみと同時に不安もあります。

親御さんにとっては親元を離れることで生活が不規則になりやすいですし、便利だからとインスタント食品に頼った生活になってしまえば、塩分の摂りすぎや野菜不足が心配でしょう。

また、年頃のお子さまの過度なダイエットによる栄養不足なども、目の届く範囲にいないだけに気をつけたいところです。

まだ身体も成長期にありますし、1日に最低1食だけでも栄養バランスの取れた食事をしてほしい、そう願う親御さんは多いのではないでしょうか。

独身の社会人

独身の社会人もひとり暮らしの大学生と同様、家事・買い物などに慣れるまでが大変です。

ましてや新社会人ともなると学生時代のように自由な時間も少ないため、仕事の疲れからつい外食やコンビニの弁当などで済ませてしまうことが多くなります。

また、はじめは張り切って自炊していても忙しい日が続くと自炊する時間がなく、食材が悪くなってしまったり賞味期限を過ぎてしまったりと、無駄なく食材管理をするのも大変です。

自炊に慣れていない上、栄養の知識も不安があります。健康な身体を作るためのバランスの良い食事を心がけてほしいところですが、ただでさえ忙しい毎日の中で必要な栄養素を摂取することは至難の業と言えるでしょう。

単身赴任のおとうさん

近頃は料理が趣味という男性も増えてきましたが、そういった方でない限り単身赴任のおとうさんが毎日自炊をするのは簡単なことではありません。

学生時代にひとり暮らしをしたことがない男性の場合は、なおさら難しいのではないでしょうか。そうなると外食・お弁当に頼った、単調な食生活による栄養の偏りも気がかりです。

また中年期を迎えたおとうさんは、塩分量やカロリーオーバー・飲酒・肥満・運動不足・体質・生活習慣により血糖値や血管に問題が生じ、糖尿病・高血圧などを引き起こしやすくなるケースもあります。

仕事の責任が大きくなる世代だからこそ食事は簡単に済ませたい・・・ひとりならなおのこと、そう考えるおとうさんは多いのではないでしょうか。

ひとり暮らしで食事を食べる男性

田舎の年老いた父母

ご高齢の方でまず気をつけたいのは、年齢に合わせた栄養バランスです。持病や体質により腎臓の負担を減らすためタンパク質を制限している方もいらっしゃいます。

しかしタンパク質には身体の形成に必要な「必須アミノ酸」が含まれていることから、タンパク質を制限している方でも肉や魚などから、良質なタンパク質を摂る必要があるのです。

またタンパク質制限のない方には、噛む力の衰えによる肉類摂取量の低下や加齢による食事量の低下で、良質なタンパク質不足が心配されます。

近年は健康に良いということから、野菜・海藻ばかりの食生活を送るご高齢の方が増えていると聞きます。

しかしタンパク質が足りないと野菜から摂ったビタミン・ミネラルを活かせないため、すべてが無駄になってしまいます。その結果、免疫力低下・筋力の衰え・骨がもろくなるなど、老化の進行を早くする原因にもなるのです。

他にも噛む力・飲み込む力が弱くなってきたご高齢の方には、ある程度柔らかく調理し、食べやすくしてあげことが大切になってきます。

しかし柔らかくするためにすべての料理を長時間煮込んでしまっては料理も単調になり、手間もかかります。

そして見た目もおいしそうにすべての食材を柔らかく調理するのは、さらに技術も必要です。その結果食事を楽しめなくなり、さらに食事量が低下するという悪循環に陥る可能性もあります。

都会に家庭をもった妊娠中のお子様

離れた土地に住む妊娠中の娘さんをもつ親御さんにとっては、生まれてくる赤ちゃんのためにもバランスの良い食生活を送ってほしい時期ですから、心配も募ります。

妊娠中は急に体調が悪くなったり買い物に出るのも億劫になったりと、食事の支度は意外と負担になるものです。

個人差はありますが、長時間の立ち仕事となる食事の支度は妊婦さんにとって簡単な作業ではありませんし、調理中の匂いで吐き気をもよおす方もいらっしゃいます。

そんな体調でバランスの取れた食事をし、体調・体重管理をしなければならないなんて、本当に大変です。

しかし食事くらいは自分で作りたいと思う妊婦さんが多いため無理をする方も多く、身体が思うように動かないことがストレスになります。

こんな時は無理をせず身体の負担になることを避け、多少費用が掛かっても、できるだけ簡単に心と身体両面の栄養バランスを摂ることを優先させましょう。

食事をする妊娠女性

どんな状況にも安心な宅配食

このように大学生や独身の社会人・単身赴任のおとうさん、ご高齢のご両親や妊娠中という特別な時期を過ごしている娘さんなど、離れて暮らしているからこそ食事の心配は尽きないものです。

そんなさまざまな状況にあわせて、栄養バランスの良い食事を簡単に摂ることができるのが「宅配食」です。

宅配食は、毎日の食事の世話が困難な状況に対応し、誰でも簡単でおいしく、好きな時に栄養バランスの良い食事ができる宅配サービスです。

少し費用は掛かりますが、2018年の外食にかける平均価格のボリュームゾーンが800~1200円ということを考えると安価ですし、コンビニのお弁当と変わらない価格で栄養バランスの良い食事が摂れるなら、却って安心です。

ではそんな宅配食について、もう少し詳しく解説いたします。

宅配食は健康と便利を手間なく両立できます

宅配食の良さは何といっても手軽さです。完成した料理が冷凍で届くので買い物の手間が省け、一から調理する労力も要らず、時間がないときも好きな時に温めればすぐに食べられます。1食ごとの冷凍なので、衛生的で管理が楽なのもポイントです。

そしてそれぞれの健康に合わせたカロリー・塩分・糖質・タンパク質などの制限食にも対応しているので、栄養に関しての知識がない方にも安心です。

さらに専門知識が必要となるご高齢の方の制限食や食事の柔らかさも、管理栄養士さんがしっかり監修しレシピを組み立てているので、自炊より確実に必要な栄養を摂取することができます。

また栄養だけでなく、定番メニューから季節感のあるメニューまで幅広く取り入れているので、食事のマンネリを防ぐとともに食べる楽しみが得られます。食事から指揮を感じられることは、日本人としても嬉しいことです。

そんな健康で便利な宅配食なので料金が気になる方もいらっしゃると思います。
気になる価格についてはメーカーによりますが、多くはコンビニ弁当と大きな価格差はありません。

むしろ通常は、このような栄養バランスの取れた食事を施設や外注で頼むと、もっと費用が掛かるのではないでしょうか。

離れて暮らす家族の健康がコンビニのお弁当と大差ないお値段で守られるのなら、そう高価なものではないと言えます。

また、こちらで支払いを済ませてメーカーから直接離れた家族に送ることができるので、送られた相手に経済的負担がかからないというメリットもあります。辞めたいときにはいつでもすぐ辞められるという気楽さもあります。

それでも毎食お弁当は寂しく感じられたり気が引けるのであれば、1日3食の食事のうち1食を宅配食に変えてみてはいかがでしょうか。

1食でも栄養バランスの良い食事を摂るのと摂らないのでは、長期的に考えると健康面に大きな差が出てきます。離れて暮らす家族にとっては、大切な家族がいつも健康に気を使った食事をしてくれているということは、なによりも大きな安心なのです。

-ひとり暮らしの宅配弁当
-, , ,

Copyright© ミデリ , 2019 All Rights Reserved.