ダイエットの宅配弁当

脂質制限食は宅配食の利用するのがベスト!

投稿日:

脂質制限食

脂質異常症と聞いても、何が問題なのか分からない人も多いのではないでしょうか。

実際、健康診断などで中性脂肪やコレステロール値が高いと言われても、体調が悪いなどの自覚症状がある人はほとんどいないでしょうか。

しかし脂質異常症は、自覚症状がないからといって、放っておいていい病気ではありません。

脂質異常症の引き起こす重大な病気の危険性と、改善のために必要な運動や食事療法について説明します。

食事の改善に便利な宅配食についてもご紹介しますので、参考にしてください。

脂質異常症とは

コレステロールや中性脂肪などの、血液中に含まれる脂肪分が多すぎる状態や、少なすぎる状態を脂質異常症といいます。

2007年以前には高脂血症と呼ばれていましたが、実際には血液中の脂肪分が多すぎる場合だけでなく、少なすぎる場合にも健康を害するリスクは高いため「高脂血症」という名称は病態にふさわしくないとされ、脂質異常症と診断名が改められました。

脂質異常症には、悪玉コレステロール値が高い状態、中性脂肪値が高い状態、善玉コレステロールが高い状態があります。

自覚症状はこれと言ってありませんが、動脈硬化のリスク因子とされており、動脈硬化によって引き起こされる心筋梗塞や脳卒中などの原因となることが知られています。

脂質異常症によって引き起こされる病気

コレステロールは本来、細胞膜や消化吸収に必要とされる胆汁酸、ホルモンなどの材料となる、体に欠かせない栄養素です。

また、中性脂肪は体脂肪として体に蓄えられ、エネルギー源や保温、外部からの衝撃を和らげるクッションとしての役割を持っています。

しかし、これらは多すぎたり少なすぎたりすることで、様々な病気のリスクとなります。

動脈硬化

コレステロールは血液によって体中に含まれますが、血中のコレステロールが多くなると、細胞で使われずに残ったコレステロールは、どろどろのお粥のような塊になって血管の中に溜まってしまいます。これらは通常、善玉コレステロールの働きによって肝臓に戻ります。

しかし善玉コレステロールの量が少なすぎる場合や、血管内に留まりやすい悪玉コレステロールが多すぎる場合には、溜まったコレステロールが次第に血管の壁に侵入し、動脈硬化に繋がります。

また中性脂肪の値が高い人は、悪玉コレステロールの粒子が、細かく血管の壁に入り込みやすい形になるため、さらに動脈硬化の危険性が高まります。

心筋梗塞

脂質異常症が原因の動脈硬化によって引き起こされる病気の代表が心筋梗塞です。

動脈硬化に陥った血管は、急激に肥大するため弱く、些細な衝撃で破損しやすくなっています。

血管が破損した場合血液中から血小板が集まり、血栓を作って速やかに出血が止められます。健康な血管であれば、これで出血がとまり、トラブルが回避できるでしょう。

しかし、動脈硬化により狭くなった血管内では、血栓によって血流が阻害されやすく、酷い場合には血流が止まってしまいます。

このように、心臓の筋肉に血栓ができ、正常に血流が送れなくなった状態を心筋梗塞と呼びます。

体の他の部分でできた血栓が血流によって心臓に運ばれ、心臓の血管に詰まった場合にも心筋梗塞になります。

心筋梗塞は強い胸の痛みを伴う病気で、胸や背中の強烈な痛みを伴います。
毎年、日本人の死因の上位に挙げられる病気でもあります。

心筋梗塞の男性

脳梗塞

脳の血管内で血栓ができる、または他の所でできた血栓が脳で詰まった場合には脳梗塞と呼ばれます。

激しい頭痛を伴い、死因の上位にも挙げられる恐ろしい病気です。また、麻痺や言語障害などの後遺症が残ることでも知られています。

心筋梗塞や脳梗塞などは、生活習慣病に分類され、生活の問題点を改善しなければ、繰り返し発祥する可能性があります。

脂質異常症を改善するには

生活し習慣病として重大な病気を繰り返し発祥させかねない、脂質異常症ですが、改善するにはどうすればいいのいでしょうか。

運動する肥満男性

適度な運動の継続

脂質異常を改善するには、有酸素運動の継続が有効だと言われています。
有酸素運動とは呼吸をしながら続ける運動のことで、ウォーキングやジョギング、水泳などがあります。

脂質の消費を促すためには毎日20~30分以上は運動を行ったほうがいいとされていますが、たとえ短時間であっても運動しないよりは体に良いので、短時間だからと諦めずに運動を続けましょう。

運動により代謝が良くなることで、体内の善玉コレステロールを増やす効果もあります。

体重管理

実は日本人は、欧米人に比べて食事から摂取する脂肪の量は少ないと言われています。
そのため、コレステロール量の調整には体重管理が重要となります。

体重が1㎏増えるごとにコレステロールは20~40mg/dl増えるため、肥満は脂質異常症の敵と考えましょう。肥満傾向の方は、運動や食生活の改善をより厳密に行うことで、標準体型を目指します。

太った男性のお腹

食生活の改善

脂質異常症の改善に一番重要とされているのが食生活の改善です。

控えるべき食べ物

脂質異常症では、まずカロリーの摂取量を抑えます。これはカロリーを過剰に摂りすぎることで、中性脂肪が体に蓄えられやすくなるためです。

またカロリーが高く、他の栄養素をほとんど含まないアルコールや果物、砂糖、お菓子などは特に中性脂肪を増やしやすいため控えましょう。

コレステロールの含有量の多い、レバーや卵黄、たらこなどの食品も控えます。
1日のコレステロール摂取量は300㎎/dl以下が理想とされています。

脂質異常症に良い油脂と悪い油脂

脂質異常症では、動物性の油脂を控える必要があると言われています。動物性油脂に含まれる飽和脂肪酸は悪玉コレステロールになりやすく、特に動脈硬化を引き起こしやすいと言われているためです。

一方、善玉コレステロールになりやすいのは植物油や青魚などに含まれる不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸を多く摂っている人はコレステロール値が低いことも分かっていますので、できるだけ質の良い油脂を摂るよう心掛けましょう。

しかし、いずれの油脂も、摂りすぎてしまってはカロリーの過剰摂取につながり、中性脂肪の上昇の原因になりますので注意が必要です。

しましょう。

トランス脂肪酸についても注意!

トランス脂肪酸は油脂を高温で熱したときにできる脂肪酸で、植物油を加工して作られるマーガリンやショートニングにも多く含まれています。

悪玉コレステロールを増やすだけでなく、善玉コレステロールを減らす働きがある脂肪酸で、動脈硬化のリスクを高めるため、特に控えるべきでしょう。

積極的に摂るべき食べ物

食物繊維は脂肪の吸収を抑え、過剰なコレステロールを便として排出する働きを持っています。

ゴボウやこんにゃく、サツマイモなどに多く含まれるため、積極的に摂取するといいでしょう。野菜を中心とした食生活も、摂取カロリーを抑えられ、健康的です。

また、伝統的な日本食への回帰も、脂質異常症の改善にいいと推奨されています。日本食は脂質が少なく、大豆製品や魚の割合が高いため、悪玉コレステロールや中性脂肪になりにくい傾向があります。

1汁3菜の食事は栄養バランスも良く、理想とされています。ただし、日本食は塩分の摂取量が多いため、動脈硬化を促進する高血圧を引き起こす恐れがあるので、減塩には配慮しましょう。

宅配食は健康と便利を手間なく両立できます

脂質異常症では、過剰なカロリーと飽和脂肪酸、コレステロールを控え、不飽和脂肪酸や食物繊維を積極的に摂取します。

和食が理想的だと言われていますが、和食は調理に時間がかかり、メニューもマンネリ化しがちです。

また、塩分も過剰になりやすく、動脈硬化を進行させるリスクとなる高血圧も心配です。

宅配食は、レンジで調理するだけで食べられるため、調理に時間がかからず便利です。
また管理栄養士が作成したメニューで、脂質異常症に配慮した、脂質を控えたメニューも充実しています。

塩分やカロリー摂取量も適正に抑えられているので、肥満や高血圧の心配もありません。

脂質異常症の生活習慣改善に、食事療法が重要とはいえ、調理や栄養バランスを考える手間は大変なものでしょう。

病状に配慮された栄養バランスのいい宅配食を便利に使って、食事管理の負担軽減と、健康の両立を目指しましょう。

-ダイエットの宅配弁当

Copyright© ミデリ , 2019 All Rights Reserved.