腎臓病の宅配弁当

生活習慣改善で人工透析を回避にはどうすればいいのでしょうか!?

投稿日:

人工透析中の患者

腎臓病の治療に当たっているご本人やご家族は、人工透析に至らないように食事療法に取り組んでいるケースが多いでしょう。

毎日減塩やタンパク質のことを考えて食事を用意するのは大変なこと。ここでは人工透析を避けるための食事についてお伝えします。

高血圧・むくみ・体重増加を避ける食事を

実際に、どのようにして食事療法に取り組めばよいのでしょうか。腎臓病を悪化させないためには高血圧やむくみ、そして体重増加を避ける生活を行うことが重要です。

まず高血圧を避けるためには、減塩することが重要です。腎臓病になってしまうと、体内に過剰に摂られた塩分を排出することができずに体内に溜まってしまう状況が生まれます。

塩分は体内の水分に溶け込むので、結局は水分を排泄できないという結果になります。そうなると高血圧やむくみをもたらすこととなり、さらに状況が悪化すると心不全や肺水腫を引き起こすこととなってしまうのです。

そのような理由で、腎臓病の方の塩分摂取量は1日あたり6g以下が目標となっています。また塩分と同じく電解質であるカリウムも、腎機能の低下によって排泄できない状態に陥ってしまいます。

そのため、バナナなどの果物やイモ類といったカリウムを多く含む食品についても、摂取制限が必要となります。

腎臓病にはたんぱく質の制限が必要です

腎臓病の食事療法として、もう一つ重要なのが蛋白制限です。タンパク質を摂取すると、老廃物の一種である窒素代謝物が体内で作られます。

元気な腎臓であれば、それを処理することができるのですが、機能が低下している状態の腎臓にとって窒素代謝物の処理は大きな負担となります。

糸球体過剰ろ過の状態となってしまい、腎機能の低下速度を早めてしまう危険性があるので、タンパク質の摂取も必要となります。ただし、そうなると今度は摂取カロリーの低下が懸念されます。

摂取カロリーが足りなくなると、体内では筋肉からカロリーを使っていき、筋肉が痩せていってしまいます。そういった意味からも、糖質と脂質による適切なカロリー補填が必要となってきます。

栄養管理に便利な宅配食利用のススメ

このように見ていくと、腎臓病の食事療法は本当に困難です。最初はなかなかうまくいかないことも多く、特に家庭だけでは対処しきれないケースも多々あります。

そのような時には、管理栄養士や看護師が監修している宅配食(宅配弁当)を利用してみるのも一つの方法です。

味も美味しく作られ、しかも様々な制限を必要とする腎臓病に対応したメニューが用意されているお店が、たくさんあります。自宅で温めるだけで美味しく食べられるので、食事に対するストレスが軽減するでしょう。

-腎臓病の宅配弁当

Copyright© ミデリ , 2019 All Rights Reserved.