腎臓病の宅配弁当

クレアチニンを下げるために生活習慣改善をどのようにすれば良いか

投稿日:

生活習慣を改善する女性たち

腎機能は低下すると元の状態に戻すのが困難であるので、毎日の生活習慣に気を付け症状を悪化させない事が重要になります。

そこでこのページでは腎臓の機能を知る指標の1つであるクレアチニンに注目し、クレアチニンを下げる為の生活習慣についてまとめていきます。

気を付けるべき生活習慣

腎機能を低下させる恐れがある生活習慣には、「喫煙・飲酒」「不規則な生活リズム」「運動不足」の3つが大きく関係しています。

喫煙は血管の障害となり、慢性腎臓病の発症や進行にも関与しています。タバコの本数が増えれば増える程腎臓へかかる負担は大きくなるので、禁煙する事がもっとも負担の少ない生活習慣となります。

また適度な飲酒であれば大丈夫ですが、過度な飲酒は慢性腎臓病の危険因子となるので注意しましょう。

不規則な生活リズムはストレスとなり、腎臓の機能を低下させやすくなります。仕事などで忙しくても無理な長時間労働などを避け、十分な睡眠時間を確保する事が重要です。

運動不足は高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因となりますが、これらの病気が慢性腎臓病を発症させる要因となります。適切な体重を維持する為にも、運動不足を解消させる事が大切です。また30分程度の有酸素運動を行う事で、尿たんぱくやクレアチニンを下げる効果が期待できます。

ただし腎臓病が進行している場合は無理な運動が出来ない事もあるので、病院に相談し無理のない範囲で運動するようにしましょう。

毎日の食事で注意すべき事

生活習慣の中でも、クレアチニンを下げる為には毎日の食事に注意する必要があります。それぞれの状態や腎臓病の症状によっても違いはありますが、「タンパク質」「塩分」「糖分」の3つの成分の摂りすぎには注意しましょう。

タンパク質は体を作るのに必要な成分ですが、産み出される老廃物が腎臓に負担をかけるので摂取する量に気を付けなければなりません。

また食事の量を減らし1日に必要なエネルギーが足りなくなってしまうと、タンパク質を分解してエネルギーを作ろうとするのでより老廃物が溜まってしまいます。

タンパク質を制限しつつも、1日に必要なエネルギーは確保できるようにしましょう。

塩分が多い食事は味が濃くのどが渇きやすくなるため、たくさんの水分を摂るようになります。体内の水分量が多くなれば当然血液量も増え、血管に加わる圧力が強くなり高血圧へと繋がります。

高血圧になると腎臓への負担が大きくなるので、味付けや調理法を工夫し減塩できるようにしましょう。他にも糖分の過剰摂取によって糖尿病になってしまうと、腎臓に様々な影響を与えます。

特に血液をろ過してくれる腎臓の糸球体は毛細血管の集合体であり、血糖値が高い状態が続くと血管が傷付けられろ過機能が低下してしまいます。クレアチニンを下げる為にはろ過機能が重要なので、血糖値をコントロールする事が大切です。

-腎臓病の宅配弁当

Copyright© ミデリ , 2019 All Rights Reserved.