腎臓病の宅配弁当

腎臓病の治療は厳格な食事療法が基本になります

投稿日:

腎臓病食事療法

腎臓病にかかると食事による腎臓への負担を軽くするために普段の生活から食事療法を取り入れることが不可欠です。

では、腎臓病における食事療法での注意点や無理なく続けるポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

タンパク質と食塩を控えるようにしましょう

タンパク質は体の中で吸収されると尿素窒素という不要物が残ります。この尿素窒素は通常であれば腎臓でろ過され尿として排泄されますが、腎臓病になるとろ過機能が低下する為、尿素窒素が血液に残ってしまい尿毒症になったり、腎臓そのものにダメージを与えてしまいます。

そのため、腎臓病の人はタンパク質の制限が必要になります。しかし、タンパク質は本来、筋力の維持などには欠かせない食べ物なので制限された範囲内で摂取する必要があります。

また、一概にタンパク質といっても米やパン類など筋肉になりづらいものもあるので、肉や魚、大豆製品など筋肉になりやすい食品から摂取することが望ましいと言えます。

腎臓の機能が低下するとナトリウムの排泄機能が低下するのでタンパク質とともに気をつけたいのが塩分の摂取量です。

また、腎臓病になるとナトリウムの排泄だけでなく、血圧の調整がうまくできないことから高血圧になる場合もあります。

塩分は高血圧の人にとっても悪影響を及ぼすので特に注意が必要です。肝臓病の人の具体的な塩分の摂取量は6gまでとされますが、症状によっては3gといった厳しい制限量になることもあります。

なお、塩分のない食事というのは想像以上に味気無さを感じるものなので、食事で十分な満足感を得るためには旨味や酸味、スパイスなどで料理の味にアクセントをつけると効果的です。

エネルギーの摂取不足に注意が必要です

生活習慣を改善するための一般的な食事療法ではエネルギーを制限することが大切だというイメージがありますが、糖質や油分などによるエネルギーが不足してしまうと身体の中にあるたんぱく質が分解されエネルギー源となってしまいます。

これは異化作用と呼ばれますが異化作用が起こると、先にも説明した尿素窒素が発生してしまい腎臓病を悪化させる原因になります。特に腎臓病による食事制限を行うとエネルギー源が不足しがちですので、砂糖や油など少量でエネルギーが摂れる食品を上手に取り入れることが大切です。

専用の宅配食を上手に活用しよう

簡単に食事療法とは言っても実際に行ってみると、料理が味気なかったりメニューのバリエーションが乏しかったりと大きなストレスになる場合もあります。

また、忙しい人にとっては外食やコンビニ弁当が中心で調理をする時間がないという人もいます。そんな時は宅配食を上手に利用することをおすすめします。

宅配食であればタンパク質、塩分、カロリーに注意して作られているのはもちろん、中身も普段の食事と変わらないようなおかずが並びバリエーションも豊富なので、つらい食事療法においても食べることの楽しみを感じることもできます。

-腎臓病の宅配弁当

Copyright© ミデリ , 2019 All Rights Reserved.