高血圧の宅配弁当

高血圧の食事制限は減塩宅配食で完璧!!

投稿日:

高血圧塩分制限宅配弁当

高血圧の何が身体に悪い?

高血圧に対しては、よく「節制しなければならない」「塩分を控えないといけない」などと言われます。では、高血圧だと具体的に何が問題なのでしょうか。

高血圧とはどういう状態?

血管の中を流れる血液は、血管の壁を圧迫しています。この圧迫する力が「血圧」です。
血管の中を流れる血液量が多ければ多いほど、血圧は高くなります。

また、血管は一定の太さではなく、病気や体温の変化にともなって広がったり狭まったりします。流れる血液の量が変わらなくても、血管が狭まれば血圧は高くなります。

なお、日本高血圧学会では「140/90mmHg以上」である場合に、病院で診てもらうことを勧めています。

・参考 日本高血圧学会 パンフレット

高血圧は脳や心臓、血管にダメージを与える

血液は血管を通じて全身へと流れていきます。血圧が高ければ、臓器や血管の壁に無理な力が加わることになって負担を与えます。その結果、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化といった症状を招きやすくなるのです。

どうして高血圧になるの?

高血圧には、別の病気によって引き起こされるものと、生活習慣や環境の問題で生じるものとがあります。

別の病気による高血圧は、病院で専門に診察してもらわなければなりません。しかし生活習慣や環境に問題がある場合は、それらを改めることで症状の予防や改善に繋がります。そこで、高血圧を引き起こす、主な生活習慣や環境をみていきましょう。

太り過ぎ

身体が太ると、それだけ多くの呼吸をしないといけなくなります。肥満となれば、酸素をたくさん取り入れるために心臓が激しく動き、体内を巡る血液の量も増える結果、血圧が上がってしまうのです。

運動不足

運動が不足すると、血管内側の壁の機能が低下し、血圧が上がってしまいます。また、運動不足は高血圧だけではなく、様々な身体の不調も招くおそれがあります。

飲酒・喫煙

飲酒については、コップ1杯程度のお酒であれば、むしろ血管を広げて血圧を下げる効果が見られるとされています。

しかし、一定以上の量を飲み続けることで血管が狭まったり心臓の鼓動が速まったりするため、結局は血圧が上がってしまうのです。

喫煙については、煙草に含まれる成分に血管を収縮させる作用があるため、血圧を高めてしまいます。

ストレス

普段から血圧をコントロールしているのは自律神経で、これは交感神経と副交感神経から成ります。

ストレスが溜まると交感神経が活発化し、血管が収縮して心臓の鼓動が速くなるという「臨戦態勢」になります。結果として、血圧も上がってしまうのです。

塩分過多

塩分を多く摂り過ぎると、身体が血液中の塩分濃度を薄めようとして、血液中に水分を多く取り込みます。すると血液の量が増えて血圧が上がってしまうのです。また、血液の量が増えると、心臓にもそれだけ負担が掛かります。高血圧改善には減塩が必須です。

食生活と高血圧の予防・改善

高血圧の予防や改善のためには、なるべくストレスを溜めず、適度な運動をして、飲酒・喫煙を控えるといいでしょう。

ただ、それだけでは十分ではありません。
高血圧の大きな原因である「太り過ぎ」と「塩分過多」への対策が必要です。

この2つの問題に共通するのは、食生活です。高血圧を予防し、また改善するには、食生活の見直しが不可欠といえるでしょう。

カロリー制限による太り過ぎの防止

身体が太るのは、身体の中で消費されるカロリー(エネルギー)量よりも外から摂り入れるカロリー量のほうが多いからです。

つまり、やせるには消費カロリー量を増やすか、摂取カロリー量を減らすしかありません。
「食べたいものを食べたいだけ食べて、見る見るうちにやせる」といった夢のような方法は、残念ながら存在しないのです。

消費カロリー量を増やすには、身体を動かす必要があります。運動やエクササイズによるダイエットなどが考えられるでしょう。

他方で摂取カロリー量を減らすには、食べる量を減らすか、食べるものを変える必要があります。食事制限によるダイエットです。

理想は運動をしながら食事制限を行うことですが、精神的なハードルもそれなりに高いという問題があります。

塩分の制限で血圧の上昇を抑える

塩分は様々なものに含まれています。味噌や醤油、チーズやバターなど、味付けに使われる調味料や食材の多くには塩分が含まれていると言っていいでしょう。したがって、塩分を控えるとは、味付けを薄めにすることを意味します。

ところが、人間の脳は基本的に濃い味付けを魅力的に感じるような仕組みとなっています。
揚げ物などの、いわゆる「ジャンクフード」がクセになるのも、濃い味付けがなされているからです。

味付けというのは一種の刺激であり、繰り返し与えられる刺激には慣れてしまうものです。
そうなると、より濃い味付けを求めるようになってしまいます。

その意味で、塩分の制限は人間の快楽に逆らうところがあるため、特に制限し始めの頃は辛さを感じる方も少なくありません。

薄い味付けに慣れるまで続けられるかが、食事療法の成功を握るカギとなります。

高血圧対策にピッタリの宅配弁当

カロリー制限も塩分制限も、最初のうちは辛いものでしょう。人間が美味しく感じられる食べ物には、カロリーや塩分の量が多いものもたくさんあるからです。

かといって、ひたすら我慢を続けていてはストレスが溜まってしまい、むしろ高血圧の新たな原因を生み出すことになってしまいかねません。

そこで、ストレスフリーにカロリーや塩分を制限する方法として、宅配弁当サービスの利用をおすすめします。

宅配弁当とはどういうもの?

宅配弁当サービスというのは、単に食事を宅配してくれるサービスにとどまりません。たとえば糖尿病や腎臓病用の制限食、ご年配の方向けの介護食といった多彩な要望に対応できる食事を取り揃えているのです。

その中には、カロリー制限食や塩分制限食(減塩食)も含まれており、高血圧の予防や改善にもピッタリといえます。

宅配弁当のおすすめポイント

ご家庭でカロリー制限食や塩分制限食を用意するのと、宅配弁当サービスを利用するのとでは、何が異なるのでしょうか。それは「手間ひまの削減」と「味付け」、そしてそれらによる「続けやすさ」です。

手間いらずの宅配弁当

カロリー制限食や減塩食をいちいち計算して用意するのには、大変な手間が掛かります。
食材選びから始まって、揚げ物や炒め物を避けて茹でたり蒸したり、といった調理方法の配慮も求められるでしょう。

宅配食では栄養バランスからメニューまで、栄養の専門家である管理栄養士が監修しているため、安全で手軽に制限食が食べられます。

制限食に合わせた味付け

カロリーや塩分を制限するからといって、味がおいしくなければ困ります。食欲が減退し、食事そのものが苦痛になってしまうおそれもあるからです。

宅配食では、制限食であることを前提とした味付けが考えられているため、様々な工夫がなされています。

たとえば、ダシの風味や香辛料、酸味の利用などにより、塩分を控えても単調な薄味にならないように調理されているのです。

便利でおいしいから続けられる

このように手軽で味わい深いからこそ、宅配食(宅配弁当)による食事制限は続けやすいのです。高血圧への対策は、継続することが重要です。これは1日だけ早寝早起きしても健康は維持できないのと同じです。

便利でおいしく、日々の食事を楽しいものにすることで、健康を目指す。これが宅配食サービスの理念といえるでしょう。

高血圧宅配弁当のまとめ

高血圧は日々の生活習慣からもたらされることが多い症状です。生活リズムや運動量、そして食生活を見直すことで、数多くの病気を予防することができるでしょう。

ただ、食生活を全面的に改めるのは簡単なことではありません。無理や我慢をしてストレスを溜めるのではなく、宅配食(宅配弁当)なども賢く利用して、健康的な毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

-高血圧の宅配弁当

Copyright© ミデリ , 2019 All Rights Reserved.