高血圧の宅配弁当

高血圧治療の降圧目標が厳格に変更されました!

更新日:

血圧チェックする夫婦

先日、日本高血圧学会のガイドラインが5年ぶりに改訂されました。

高血圧は自覚症状があまりないにもかかわらず、脳卒中や心筋梗塞の原因となります。そのため、早期予防、早期発見が大切になるのです。

そこでこのページでは『高血圧治療ガイドライン2019』の改訂内容と、高血圧にならないために気を付けてほしい食事のポイントをお伝えいたします。

降圧目標が引き下げられました!!

「高血圧治療ガイドライン2019」において、高血圧の基準と降圧薬の開始基準については、従来の[140/90mmHg以上]のままですが、降圧目標は75歳未満が、[140/90mmHg未満]から[130/80mmHg未満]へ、75歳以上が[150/90mmHg未満]から[140/90mmHg未満]へ引下げられました。

実は、従来の降圧目標でも達成率は不十分とされていました。その中で降圧目標が引下げられたということは、今まで高血圧のリスク者に当てはまらなかった人も、高血圧のリスク者になっているかもしれないのです!

そもそも自分の血圧の数値を知らないという方は要注意!!自分の血圧を習慣的に測って把握しておくようにしましょう。

塩分を摂りすぎない食事の3つのポイント

高血圧になる大きな要因として塩分の摂り過ぎが挙げられます。食生活は毎日の積み重ねが健康につながるので、この機会に塩分の摂り方を見直しましょう。

加工食品には注意!

ハムやちくわなどの加工食品には、塩分が多く含まれています。加工食品は手軽に活用できますが、食べ過ぎると塩分の過剰摂取につながるのです。塩分を摂取していることに気づきにくいことから知らない間に過剰摂取してしまうことになります。

できるだけ生の肉や魚を選んで、調理するようにしましょう。自分の目で確認しながら塩分を加えることで、量を調節しやすくなる上、減塩に対する意識づけも期待できますよ。

なお、加工食品を使う場合は、使う前に下茹でしておくと塩分量を減らすことができます。

酸味や香辛料を活かそう

薄味の物足りなさを補うには、酢・レモンなどで酸味を加えることがおすすめです。醤油を酢醤油やポン酢で代用すると減塩になります。

また、こしょう・カレー粉などの香辛料やネギ・生姜などの香味野菜を使っても、風味が増し味を引き締めてくれるので塩分が少なくても満足感がアップします。

調味料は「最後」に「つける」

煮込み料理は食品の中まで調味料が染み込むため、塩分を摂り過ぎてしまう恐れがあります。調味料を「最後」に入れるほうがおすすめです。

さらに、醤油やソースなどの調味料は料理の上に「かけて」食べるより、「つけて」食べるほうが少しの量でしっかり味を感じることができますよ。

まずはご自身の血圧の数値と降圧目標値を見比べて、血圧が高めの方は目標値を下回るように、目標値を下回っている方はその数値を維持できるように、食生活を見直してみましょう!

-高血圧の宅配弁当

Copyright© ミデリ , 2019 All Rights Reserved.